ママ友は幼稚園から小学校までが難関なのでキャッシングに頼る必要性も出てくる

人間関係で一番難しいもの、それはママとの人間関係ではないかと思います。女同士というのはそれでなくとも難しくトラブルが多いものですが、そこに子供というフィルターが掛かると益々冷静になれないのが実情です。私には娘が二人いますが、

 

 

子供が幼稚園に入った頃から大変な苦労がありました。


まず私は人間関係がめんどくさいタイプでしたので、基本あまりつるみません。しかしこうしたママは疎外感を味わいやすいものです。かならずボスママというのがいて、そのボスママの意のままにならない人間は弾かれてしまいます。

ママ友関係を継続させるコツ

それでもハートが強いのなら何も言いません。しかし、私もそうでしたが大抵は子供じみたイジメに似た態度を示されるうちに、穏便にママ友関係を継続させるのが平安につながると体得していくのではないでしょうか。

 

 

理不尽な思いや悔しい思いをする事もあるかと思います


が、ママ友との関係は本当に友情の上に成り立つものではありません。子供ありきの関係なので、ある程度子供が大きくなれば自然と解消していきます。だから、幼稚園から小学校までは、耐えて人間関係を作るのがいいかと思います。

ママ友関係は時間が解決してくれる

中学になるとママ友という概念は消滅に近くなります。また高校においては殆どないといっても言い過ぎではありません。私も人間関係を構築するのが下手な方でしたが、人の話を聞くことに徹して余計なことは言わない、にこにこするという方法で乗り切りました。

 

 

今では子供は中3と高2で当時のことが懐かしい思い出になりました。


悩みの途上にあるママに言いたいのは、時間が解決してくれるということです。