専業主婦がお金を借りる際の注意点

多くのカードローンなどの場合、申し込みを行う際に希望の借入金額を明記する事になります。しかしこの借入金額はあくまでも希望であって、記入した金額通り決して借りる事が出来るわけではなく、

 

 

実際は審査によって様々な適正範囲が決まってきます。


専業主婦は返済能力は弱い

その場合、重視されるのが返済能力。この返済能力を測る基準としては、やはり年収が一つのカギになってきます。しかし、専業主婦の場合、いくら配偶者に高額な年収があったとしても、自分自身の年収は0円になってきます。

 

その為、大きな借入金額を希望した場合、まず希望通りになることはありません。実際専業主婦の人が100万円必要としていても、どう考えても専業主婦が100万円もの返済を行う事ができるようには思えません。

専業主婦に100万円の借入枠はありえない

銀行なども同じように判断し、専業主婦に100万円もの融資を行う事はあり得ないのです。多くの場合、30万円前後が専業主婦の場合の一般的な適正範囲だと言われています。

 

これは、総量規制適応外になっている銀行でのみ借り入れする事ができる金額で、総量規制が実施されている消費金融の場合は、年収のない専業主婦においては適正範囲に関わらず、1円も借り入れを行う事はできなくなっています。

 

このように、専業主婦がお金を借りる場合、まずは、総量規制の関係ない銀行系カードローンなどを選択し、その上で、専業主婦の適正範囲である30万円前後のお金を借り入れする事ができるようになっているのです。

女性専用カードローン

最近では女性のための女性専用カードローンが存在します。プロミスレディースキャッシングをはじめ多くの金融機関がこのような女性専用カードローンを設けています。そしてどの女性専用カードローンもそれほど大きな違いはありません

女性専用カードローンのメリット

そしてこのようなローンには大きなメリットがあるのです。そのうちの一つは

 

 

女性専用ダイヤルの存在です。


お金を借りたいものの申し込みの際に対応する人が男性であるとどうしても緊張してしまって上手く話すことができないという女性は大勢います。そのような人のことを考慮してたいていの金融機関は女性専用ダイヤルを用意しています。

 

当然のことながら対応してくれるのは女性オペレーターで、ちょっとした疑問に対してもそれらのオペレーターが親切に対応してくれます。

 

 

在籍確認の電話も女性オペレーターによって行われます。


また普通のカードローンと同様に本人確認や在籍確認は電話で行われ、尚且つ審査申込者個人宛にかかってきます。そしてこの作業も女性専用カードローンを利用するなら女性オペレーターによって行われます。そのためいきなり知らない男性から電話がかかってきて気まずい思いをしたというような事態に陥ることはありません。

 

このように女性専用カードローンを利用することには大きなメリットがあるのです。しかし中には女性専用カードローンであっても男性が対応するものも少なからず存在します。そのためあらかじめインターネットのウェブサイトなどを通してその点をチェックしておくことをお勧めします。